読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポルトガル旅行手配メモ③

代理店に問い合わせをしてみた

 代理店に問い合わせをした翌日、返信が来た。この時はもう、これでパックツアー申込できたも同然ぐらいの気持ちでいたのだが回答は

「177,000円のツアーは売り切れました。次に安い航空券で見積もると210,000円です。」

とのこと。ムムムッ…!問い合わせたとたん3万も値上がりするのに身構える。ツアー価格というのはこのぐらい変動するものなのかどうかの判断も経験がなさ過ぎてつけられない。しかも「売り切れました」と言われてツアーのURLを見に行くと本当に「終了しました」とページが消えている。仕事早いね…?眉間にしわが寄る。事はそう簡単でもないのだな。

 他の会社のパックツアーも改めて見てみたが、同じ価格帯だとホテルのランクが下がる。なるほどですね。問い合わせした代理店が特別高いわけでも安いわけでもないことも分かってきた。

 良くも悪くも相場感が掴めたので、パックツアーを使用するのであればこの価格帯で納得するか、「こだわり」を突き詰めて予算をアップするかどちらかなのだと理解。

 

ポサーダに行きたい!

 件のパックツアーへの問い合わせの収穫は、相場感の把握のほかにもう一つあって、ポサーダ(Pausada)という元宮殿を利用した国営ホテルの存在を知ったこと。件のパックツアーはこのホテルに宿泊するプランになっていた。

下記のリンクの建物の写真をぜひ見ていただきたいのだけど、えーと…やばくないですか。 わたしはやばいと思いました。

 宮殿と製粉工場ってなんだよ。品のない例えをすると草間彌生ウェス・アンダーソンのセンスをマリー・アントワネットが持ってて宮殿建てちゃった!みたいじゃないですかーーーー。

 この笑ってしまうぐらいゴージャスなルックスとは裏腹に、ホテルの部屋が極めて現代的なのもたまらない。
このホテルにわたしはすっかり心をヤられてしまい、絶対行きたい…!と思うようになった。ポルトに行くメインの目的のできあがり。

 ホテルはポルトの中心部からは少し距離があって、基本宿まではタクシー移動になるんだけど、むしろホテル滞在をメインにしてもいいくらいだよ…の気持ち。

 ツアーでこのホテルに泊まるには、件の問い合わせした代理店に申し込むしかないのだけど、問い合わせしたら3万跳ね上がったことに身構えてしまったので、航空券とホテルを個別に手配してもいいのかもしれないという気持ちになってきた。

 リスボンの宿は、ポルトよりもかなり選択肢があるのだけど、やはりツアーで宿泊予定となっていたホテルがすでに買っていたガイドブックでもおすすめされており、口コミサイトでも高評価だったのでここにも泊まりたいな…と思うようになった。

そうやってホテルと航空券を調べまくるターンがやってきた。

 

今日は短いけど眠いので明日につづく!